2017年11月02日

着こなしのコツ~半衿の幅~

たつみ流の岩崎千恵子です。

不定期開催の千恵子の着こなし講座。
今日のテーマは「半衿の幅」です。

半衿は、白衿か柄衿かによって、見せ幅が異なります。
礼装でも普段着でも基本は同じで、白衿よりも柄衿のほうが幅を広くします。

ちなみに、刺繍の柄衿は礼装向き、染めで描かれたものは普段着向きです。

今日は、普段着のコーディネートを参考に見てみましょう。

白衿は、だいたい1cmくらいの幅で決めます。


柄が入っている衿なら、たっぷり見せましょう。

白衿の倍以上ありますね。

白は細めの幅ですっきり、柄はたっぷり見せてコーディネートのアクセントに
という意識で着付けをすると、こなれた感じになりますよ。

具体的な方法をお伝えしますね。

白衿のときは、耳の下から少しずつ衿が見えるように着物の衿を決めます。


柄の半衿をたっぷり見せたいときは、着物の衿を決めるときに
耳よりも後ろの方から半衿を見せるようにすると上手くいきます。


ちょっとした違いですが、着こなしの印象を大きく左右する部分でもあります。

使う衿の特徴に合わせた着こなしができると、着物のオシャレがもっと楽しくなりますよ。

白衿と柄衿は見せ幅を変えると覚えておきましょう。



たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  • LINEで送る

同じカテゴリー(きもの美人)の記事画像
扇子の使い方
きものヘアー
着こなしのコツ~襟の角度~
ブルーが主役
きものとタイ料理
着こなしのコツ〜帯の高さ〜
同じカテゴリー(きもの美人)の記事
 扇子の使い方 (2017-08-18 00:59)
 きものヘアー (2017-06-29 06:45)
 着こなしのコツ~襟の角度~ (2017-06-04 16:03)
 ブルーが主役 (2017-05-28 11:29)
 きものとタイ料理 (2017-05-20 23:52)
 着こなしのコツ〜帯の高さ〜 (2017-05-17 23:59)

Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:56 │Comments(0)きもの美人
                               着物,着付け,宮崎市,たつみ流,着付け教室
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
着こなしのコツ~半衿の幅~
    コメント(0)