2017年06月11日

美しい後ろ姿の作り方

たつみ流の岩崎千恵子です。

着物は裾すぼまりになるように着ます。



きちんと体に巻き付いていて、裾に向かって細くなっているのが
美しい後ろ姿です。

身ごろがしっかり巻けていれば、このラインが出ます。

しっかり巻けていないと、ストンとまっすぐになったり、
裾に向かって広がったりします。

見た目がフワフワして美しくないだけでなく、
着ている本人も体に沿っている感じがしないはずです。

巻き方のポイントは3つ。

①背中心をまっすぐにすること
②裾が床に平行になるようにまっすぐ体に巻き付けること
③つま先を引き上げること

この3つのポイントに気を付けて丁寧に巻けば、
きれいな裾すぼまりになります。

裾すぼまりは、見た目が美しいだけでなく、
きちんと着付けができている証拠でもあるのです。


たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子
  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 11:37Comments(0)着付け