2015年04月10日

木綿

●ザ・ふだん着

室町時代に綿花が日本に入ってくるようになり、それまで麻だった普段着が
木綿で作られるようになりました。

縞や格子柄が多く、片貝木綿や伊勢木綿、久留米絣などがよく知られています。
こちらもと同じく、産地の名前で呼ばれます。

合わせの季節でも、裏地をつけない単衣で着ることができます。
木綿の風合いによって、冬向きの生地と夏向きの生地があり、季節で着分けます。

夏は、しじら織りなどの涼しい生地をゆかたとして着るのも気持ちよさそうですね。



木綿きものは自宅で洗えるというところが、まさに「ザ・ふだん着」。
ジャブジャブ洗えるので、汚れを気にすることなく気軽に着られます。

木綿というと野暮ったいというイメージを持たれることもありますが、
最近は、木綿きものの人気も高まっているようで、ネットで検索してみると
モダンでおしゃれなきものがたくさん出てきます。

お値段もお手頃なものが多く、手始めに木綿きものを着てみる、というのもイイですね。

帯は、カジュアルな雰囲気の名古屋帯や半幅帯をあわせます。

ふだんにサラッと着るのが似合うきものですから、帯も気軽に締められるものが良いでしょう。


●きものとゆかた

ところで、ゆかたも木綿素材ですが、きものとゆかたの違いって何でしょうね。

結論から言うと、どちらとして着ても良いのです。
きものとして作ったものをゆかたとして一枚で着ても良いし
ゆかたとして作ったものを長襦袢と合わせて着物のように着ても良い。

ただ、ゆかたをきもの風に着るときには注意が必要です。

何に注意が必要かといえば、それは「柄」です。

金魚とか朝顔とか、いかにも夏の風物詩が描かれているようなものは
きものとして着るには向いていません。

縞模様や小紋風の柄ゆきのものを選びましょう。


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子




  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:42Comments(0)着物の格織りのきもの

2015年04月09日

江戸小紋その2

●遊び心満載

江戸小紋は柄によって、フォーマル向きとカジュアル向きがあります。

先日ご紹介したのは、主にフォーマル向きの柄についてでした。

今回は、カジュアル向きの江戸小紋についてです。

まずはこちらをご覧ください。


ある文字がちりばめられているのですが、なんという文字か分かりますか?


「夫婦」という文字なんです。


嫁ぐ娘に「夫婦円満でやりなさい」という母の想いを乗せて贈られたのだそうです。

とても素敵ですね。

このように、カジュアル向きの江戸小紋には遊び心が満載なんです。

六瓢箪(むびょうたん)で「無病息災」
杵と臼で「餅つき」
藤(富士)と鷹の羽と茄子で「初夢」
など、なぞかけのようなユーモアたっぷりの柄がたくさんあります。

このタイプの江戸小紋には紋は入れず、気軽にオシャレを楽しめます。
とは言っても、格調高いきものなので、少しかしこまった場やきちんとしたい場に
着て行くといいでしょう。

紋付きを着るほど改まった場ではないけれど、紬のような普段着ででかけるのは
ちょっとはばかられるようなときにたいへん重宝します。

お茶会などにも喜ばれますし、もちろん街着としても使えます。

会話のきっかけにもなるので、周りの人にも楽しんでいただけますね。



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:59Comments(0)着物の格

2015年04月08日

●産地によってさまざま

紬は、織りのきものの代表格です。

もともと、生糸にできない不良の繭(くず繭)やくず繭から作った真綿に
手で縒(よ)りをかけて紡いだ糸で織られたきものです。

生糸のように、繭から取り出した長い糸とは違い、
縒り合わせて紡いでいるので、糸のところどころに節(ふし)があります。

その節のある太い糸を織ったものを紬といいます。

生産地によってその特長はさまざまで、寒い地方の紬はふんわり暖かく
暑い地方で織られた紬は、シャリ感が強く涼しいという風に風合いが異なります。

代表的なものでは、牛首紬、結城紬、大島紬などがあります。

多くの場合、生産地の地名で呼ばれます。
もともと庶民の日常着であった紬だけに、
それだけ地域に密着した織物だったということですね。


●着れば着るほど

紬は日常着だけあって、丈夫です。
染めのきものほど気を使わなくても大丈夫。

その分、織りあがったばかりの新品の紬は、硬くゴワゴワして肌馴染みが良くありません。

これはジーンズと同じで、着れば着るほど味が出てきて、肌に馴染んできます。

昔は、家の使用人などに新品の紬を着せ、ようやく馴染んできた頃に主人がそれを着る
なんてこともあったそうです。

何年もかけて自分に馴染ませていく楽しみというのはいいですね。


●素朴な模様を楽しむ

紬をはじめとした織りのきものは、染めのきもののような華やかさはあまりありません。
染めによって色を生み出すのではなく、染めた糸を組み合わせて織ることによって
文様を生み出すからです。

その糸を染める染料も、草木染めなどは自然の染料を使っていて
素朴でやさしい色あいに仕上がります。


縞や格子などの幾何学文様が多く、飾らない印象です。

色使いも統一感のあるパターンが多いので、洋服の中でも浮きにくく
街着として活用できます。

ちなみに、私はほぼ一年中紬を着ていますが、気に入って作ったきものは
ほとんど縞模様です。
大小さまざまですが、気づくと縞模様を選んでいます。

縞は粋なカッコいいイメージ、格子はかわいいイメージがあります。

模様や色、風合いなどによって、素朴だったり粋だったり上品だったりと
一言で紬と言っても、印象は一つ一つ異なります。




  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:58Comments(0)着物の格織りのきもの

2015年04月05日

染めと織り

●染めと織り

きものの種類は、大きく「染め」と「織り」に分けられます。

ここまで、着物の格として留袖から小紋までをご紹介してきましたが
これらはすべて染めのきものです。

染めはフォーマル、織りは普段着という分け方ではなく、
染めのきものにはフォーマルと普段着の両方があります。
ただし、フォーマルのきものはすべて染めのきものです。

染めと織りでは、染めの方が格が高いとされます。


●染めのきもの

きものは、一枚の布を縫って作ります。

その布は、糸を織って作ります。

まず糸を織って白布にしてから、色柄をつけたものを「染め」といいます。

生糸(きいと)と呼ばれる細くなめらかな絹糸で織られたきものは
しっとりとして柔らかな手触りで光沢があります。

「たれもの(やわらかもの)」と呼ばれます。
後から染めるので「後染め(あとぞめ)のきもの」とも言われます。

染めの技法は、「友禅染め」「絞り染め」「型染め」などがあります。


●織りのきもの

染めのきものは糸を織ってから布を染めるのに対し、
織りの着物は糸を先に染め、織りによって模様を出します。

先に染めるので「先染め(さきぞめ)のきもの」とも言われます。

織りのきものというと、紬(つむぎ)や木綿、麻などがあり、フォーマルには向きません。
基本的にふだん着です。

紬は織りのきものの代表格で、紬糸という真綿から紡いだ糸で織ります。
紡ぐことで独特の節が生まれ、織りあがると素朴な風合いになります。
ちなみに、真綿(まわた)も絹糸です。

手触りは、シャリ感があってツルツルしていたり、ふんわり温かみのあるものだったりと
糸によってさまざまです。

やわらかものに対して「かたもの」と言われることもあります。

着れば着るほど馴染み、味が出てきます。


●化繊のきもの

化繊の糸(ポリエステルなど)で織られたきものでも
白生地に染めが施されていて、訪問着などに仕立てられていれば
フォーマルな場にふさわしいきものです。

「きものは高いもの」=「結婚式などに着ていいもの」と思われがちですが
どんなに高級品でも紬はフォーマルな場にふさわしくありません。

ポリエステルのお手頃な訪問着と、何百万もする大島紬では
当然訪問着の方が格上です。

きものの格と素材や値段は別物なのです。



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子




  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:58Comments(0)着物の格

2015年04月04日

小紋

●きもの版ワンピース

小紋は、同じ模様を繰り返す型染めのきものです。

全体に柄があり、柄の種類や大きさはさまざまです。



礼装には向かず、普段着として装います。

洋服で言うところのきれいめワンピースのような位置づけになります。
よくファッション雑誌で、「きれいめOLとカジュアルOLの7日間着回しコーデ」みたいな
特集が組まれたりしますが、これでいうところの「きれいめ」な感じと言ったら
イメージが沸くでしょうか。

レストランで食事、美術館で絵画鑑賞、観劇など、おしゃれして出かけたい場所にぴったりです。

帯は名古屋帯をあわせます。

少しかしこまった場所やカジュアルな場所など、着て行く場所によって
合わせる帯の格を選びます。

といっても、普段着なので厳密な決まりがあるわけではなく
周りとのバランスを考えてコーディネートを決めます。



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子




  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:48Comments(0)着物の格

2015年04月03日

江戸小紋

●大名家発祥

江戸小紋は、遠目には無地に見えますが、近くで見ると優美で繊細な柄のある
一色染めのきものです。


目を凝らして見てみてください。

白くて細かい点がたくさん並んでいるのがわかりますか?

この柄は鮫小紋(さめこもん)といって、細かい点で斜めに重ねた扇形を鮫の肌に見立てている柄です。

江戸小紋は、もともと武士の裃(かみしも)に用いられていて、柄は大名家の家柄を表します。
この「鮫」と「角通し(かくどおし)」、「行儀(ぎょうぎ)」という柄は、
江戸小紋三役と呼ばれ、数ある江戸小紋の柄の中でも格が高い柄です。
さらにその中でも、この鮫が最も格上です。

江戸小紋三役は、一つ紋を付ければ、準礼装として装うことができます。
その場合、帯は礼装用の袋帯をあわせます。

ただ、紋をつけると、フォーマル専用になってしまうので、
幅広く着たいなら、紋はつけない方が良いかもしれません。

その辺りは、どのようなシーンで着たいかを考えて決めるといいでしょう。


●細かいほど格が高い

鮫小紋の中でも、白い点の細かさによって格付けがあります。

細かいほど格が高く、「極鮫(ごくさめ)」「極角通し(ごくかくどおし)」などど呼ばれます。

どのくらい細かいかというと、3cm四方に900個以上の点があります。

江戸小紋は染めのきものですから、この細かい点は染めによって生まれます。

これだけの細かい手仕事をするには、熟練の技が必要で
昔ながらの手染めによる江戸小紋は大変貴重なものです。



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:09Comments(0)着物の格

2015年04月02日

付け下げ

●訪問着を簡略化したきもの

付け下げは、戦時中に華やかな訪問着が禁止されたため
訪問着を簡略化したきものとして考案されたものです。

柄がすべて上向きになるように染められています。

絵羽模様ではなく、縫い目で模様がつながっていません。
訪問着は仮絵羽(かりえば:仮に仕立てた状態のこと)で店頭に飾られるのに対して
付け下げは反物で売られています。

もともと華やかな訪問着を簡略したものですから
控えめでシンプルな柄が多いのですが、その種類は豊富です。

訪問着より気軽に着られますが、小紋よりは格が上になり
格調高い帯をあわせれば、訪問着風に着られます。

逆に、半幅帯や名古屋帯をあわせて街着風に着ることもできます。


●華やかな付け下げ訪問着も

最近では、上前の衽(おくみ)と前身頃の柄がつながるように染めた
「付け下げ訪問着」と呼ばれるものもあります。


パッと見、柄だけでは訪問着との見分けがつきにくいのですが、
袖口や裾を見ると違いが分かりやすいです。

訪問着と付け下げ訪問着の違いは、
共八掛(ともはっかけ)か別八掛かで見分けます。

こちらも付け下げ訪問着ですが、柄が華やかで訪問着のように見えます。

しかし袖口に赤い八掛が見えますね。

このようにきものの生地とは別の生地の八掛がついているものは付け下げ訪問着です。

訪問着には、きものと同じ生地の八掛が付いています。



クローバー毎月第1,2,3土曜日 10:00~12:00
  宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 00:39Comments(0)着物の格

2015年03月30日

色無地

●便利な色無地

白生地を一色で染めたきものを色無地といいます。

子どもの入学式や七五三、各種お祝いの席、茶席、通夜や法事など
幅広い場面で着用することができる便利なきものです。

明るい色なら慶事に、紫・緑・藍・ねずみ色などの色なら慶弔両用できます。

紋の有無や合わせる帯によって格が変わり、
一つでも紋が入れば、無紋の訪問着よりも格が上の準礼装になります。
その場合は、金銀の入った袋帯を合わせ、重ね衿をつけます。

紋がない色無地は、おしゃれ着として楽しむこともできます。
名古屋帯を合わせて、お茶会やちょっと改まった席にも向いています。

訪問着では華やかすぎる、かと言って小紋では軽すぎる
というような場面で色無地は活躍してくれます。
控えめで上品に装いたいときに向いています。

紋を入れると、かなり改まった装いになりますので
紋を入れるか入れないかは、用途をよく考えて決めるといいでしょう。





***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:29Comments(0)着物の格

2015年03月28日

訪問着

●着用範囲の広い訪問着

訪問着は、既婚・未婚を問わず着られ、色留袖に次いで格の高いきものです。

裾全体と左前の衿から肩にかけて、また右後ろの肩から袖にかけて柄があります。

縫い目をまたがって描かれる模様を絵羽模様といい、もっとも格の高い柄づけです。
もちろん、留袖も絵羽模様ですが、留袖は腰から上の部分に柄はありません。


華やかで品のある訪問着は、結婚式や披露宴、各種パーティーなど、
幅広いシーンで着用することができます。


●絵羽模様

上の画像のように、縫い目をまたいで柄がつながっているものを
絵羽模様と言います。

白生地の状態できものの形に仮仕立てし、下絵の模様を描きます。
仮仕立てしたものをほどいて一枚の布に戻し、下絵とおりに色を染め、再び仕立てます。

そうすることで、一枚の絵画のような美しい絵柄が描かれたきものになるのです。

古典的で格調高い柄から、モダンでおしゃれな柄まで様々な模様があります。


●迷ったら淡い色

きものを選ぶとき、柄よりは全体の色みのほうが気になるかもしれませんね。

必ずしも好きな色が似合う色とは限りませんし、
反物の状態で見たときと、実際に着てみたときとでは
大きく印象が変わることはよくありますから、
きものを選ぶときは、顔の近くに当ててみることをおススメします。

反物の状態で、本当に着たように見せる原反着付けという方法もありますから
全身にまとってみることもできます。

こうすることで顔映りや全体のバランスが確認できますので
着た状態をイメージしやすいと思います。

それでも、どんな色を選んだらいいのか迷うこともあるでしょう。

そんなときは、淡い色を選ぶといいですよ。

黄色や緑、ピンク、水色など、色みはお好みでいいのですが
色調が淡い色だと品良く映り、どこに着て行っても間違いありません。

合わせる帯によって、格調高くも華やかにも装えます。

結婚式など改まった場には、重厚な帯に金や銀の入った帯揚げ帯締めで格調高く、
パーティーなどには、お好みの袋帯に明るい色の帯揚げ帯締めで華やかに。

留袖ほどきっちりとした決まりはありませんので、
オシャレを楽しむつもりでコーディネートを考えるのも素敵ですね。



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子



  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 16:44Comments(0)着物の格

2015年03月22日

振袖

●大振袖、中振袖、小振袖

振袖は、未婚女性の第一礼装です。

留袖と同じく、裾に絵羽模様が描かれていて、さらに袖や左肩、背中にも柄があります。

全体的に鮮やかな色合いのものが多く、豪華で若々しいきものです。

袖丈が長いほど格が高くなります。

袖丈の長さによって、大振袖、中振袖、小振袖と分けられています。


●大振袖
最も格の高い振袖です。
くるぶしほどの長さの袖があり、花嫁衣裳として用いられることが主でしたが
現在では、成人式用の振袖でも多く用いられています。




●中振袖
大振袖に次ぐ礼装です。
結婚式や成人式、謝恩会、初釜などに着用します。



●小振袖
ちょっとしたパーティーなどで気軽に礼装を楽しみたいときに着用しますが
一般にはほとんど市販されていません。
現在では、卒業袴用の振袖としてよく見かけます。




***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:23Comments(0)着物の格

2015年03月20日

留袖

●黒留袖と色留袖

留袖とは、お祝いの場に装うフォーマルきものです。

黒地の黒留袖と色地の色留袖があります。

留袖の柄は裾だけにあり、帯より上には描かれません。


●黒留袖

黒留袖には、背中心、両胸、両外袖(後ろの袖)の5カ所に染め抜きの紋(家紋)があり
裾に華やかな絵羽模様(えばもよう)が描かれています。

既婚女性の第一礼装で、女性物の中で最も格が高いきものです。
結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親や親族の女性が着用します。

長襦袢、半衿、帯揚げ帯締めはすべて白にします。
帯締めには金や銀が使われることもあります。

帯は、格調高い文様の袋帯を合わせます。





●色留袖

色留袖は、五つ紋、三つ紋、一つ紋と、紋の数によって格が変わります。
五つ紋付きの色留袖は、黒留袖と同格ですが、紋の数が減ると準礼装となります。

新郎新婦の既婚の姉妹で、まだ若い方なら黒留袖より五つ紋の色留袖を着ると
場が華やかになり、お祝いの席にふさわしい装いになります。

色留袖は既婚未婚を問わず、祖母や伯母(叔母)、来賓も着ることができます。
母親が色留袖を着ることはありません。
未婚の姉妹なら振袖を着たほうが良いでしょう。

長襦袢、半衿、帯揚げ帯締めはすべて白にします。
帯締めには金や銀が使われることもあります。

帯は、格調高い文様の袋帯を合わせます。


三つ紋や一つ紋の準礼装の場合は、必ずしも小物は白一色ではなく
品の良い淡い色の重ね衿や帯揚げ帯締めを合わせることができます。




***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子




  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:59Comments(0)着物の格

2015年03月18日

格ってナニ?

前回お知らせしたとおり、今月のお楽しみ講座は
「きものの格について」です。

きものを着るとき、格について知ることは、避けて通れないことです。
そのくらい、格は大切な決まり事なのです。

そもそも格とは何なのでしょう。

格とは、ランクのこと。
つまり、きものの種類によってランクが決められているということです。

きものだけなく、帯から小物まですべてに格があります。

コーディネートを考えるときは、色や素材を合わせるだけでなく
まずは格を合わせることが大前提となるのです。

きものなら、柄ゆき、紋の数、素材、模様の付け方などで格が決まります。
帯なら、形、長さ、柄ゆき、金糸銀糸の有無などで格が決まります。

それらをうまく組み合わせることが、大切なのですね。


ちなみに、格と値段とは全く関係がありません。
どんなに高価なものでも普段着に分類される紬ならば
ポリエステルの留袖よりも格下となります。


こういう話になると、「だから、着物はムズカシイ」と思われるかもしれませんね。

格というのは、決まり事ではありますが、TPOに応じた着こなしをするためのものであり
それは、相手や場へ敬意を表すためのものでもあります。

ルールやマナーというものは、概してそういうものですよね。
相手ありきなのです。

主催者がどのような想いで招待してくれたのかを汲みとり、
装いでそれに応えるのがTPOに応じた着こなしというものですよね。

格のことを知らなくてもその精神は理解できるでしょう。

でも、せっかくその気持ちがあるのに、格について全く知らないがために
ちぐはぐなコーディネートで失礼な着こなしをしてしまったとしたら
大変もったいないことです。


細かな決まりごとは、「堅苦しい」「難しい」と敬遠されがちですが
それによって、型が生まれ、一定の秩序が保たれます。

型があるからこそ、装いに気持ちを乗せることができるのですね。

ほら、そろそろ格についてもっと知りたくなってきたでしょう。

今月のお楽しみ講座で、しっかり勉強しましょうね。





クローバー毎月第1,2,3土曜日 10:00~12:00
  宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子






  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 21:58Comments(0)着物の格