2016年09月05日

もう少し夏仕様で。

たつみ流の岩崎千恵子です。

9月に入りました。

9月は単衣(ひとえ)の季節で、
裏地のついていない透けない着物を着ます。

透ける着物は、7月、8月限定なのです。

ですが、9月に入ったからといって、
すぐに切り替えなければならないわけではありません。

私は、10日前後を目安に替えています。
ですので、まだ夏仕様です。

この日は台風の影響で雨が心配だったので、
夏用のデニムきものに絽(ろ)の帯を締めました。
(絽とは、夏の生地のことで、透け感のある素材です)

台風が過ぎた今日は、とても蒸し暑い一日でした。

まだしばらく暑い日は続きそうですので、
もう少しだけ夏の装いを楽しむことにしましょうか。


たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子
  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:07Comments(0)夏きもの

2016年09月01日

夏塩沢を着て塩沢へ

たつみ流の岩崎千恵子です。

夏休みを利用して、塩沢まで行ってきました。

昨年の夏にも同じ場所を訪ねているんです。
織物体験をさせていただきました。

そのとき購入した夏塩沢の反物が仕立て上がったので
お見せしに行ったのです。

塩沢紬記念館の館長である、なぐも織りの南雲さんです。

この方が、この反物を織られた方です。

着物になった姿を見て、「イメージ通りだ」と
それはそれは喜んでくださいました。

スタッフの方々も私のことを覚えていてくださって
温かく迎えていただきました。

一反の織物ができあがるまでには、繭から糸を紡ぎ、絣の柄に合わせて
糸を染め、手織りするという、全て手作業のとてつもない数の工程を経ます。

それだけの手間と時間をかけて織った反物が着物になって
着てもらっている姿を見るのは、作り手にとって一番うれしいことでは
ないかなと思うんです。

だからこそ、恩返しの気持ちも込めて再び訪ねてみようと思いました。

喜んでいただけたし、「織物の産地をその土地の織りの着物を着て歩く」
という夢も叶ったし、思いきって行ってみてよかったです。



たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子
  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:59Comments(0)夏きもの

2016年08月28日

夏塩沢と蓮の花

たつみ流の岩崎千恵子です。

昨日から夏休みをいただいています。

とっても素敵なところを見つけました。

辺り一面、蓮の花!
こんなに大きくてたくさん咲いているのは初めて見ました。



夏塩沢の着物で記念撮影。
この日は天気も良くて、白が映えます。



清々しい気分になれました。


たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子
  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 08:36Comments(0)夏きもの

2016年08月15日

初下ろし♪

たつみ流の岩崎千恵子です。

先週、朝の大雨で着るのを断念した、夏塩沢

初下ろし~♪

軽くて、柔らかさがあるのにシャリ感もあって、肌触りが気持ちいい~
さすが、夏塩沢です。


新しいきものを手に入れると、いろんなコーディネートを
試してみたくなります。

夏帯も欲しいなぁ~。


たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 22:04Comments(0)夏きもの

2015年09月11日

雪国の織物を南国で

今朝、彼岸花が咲いているのを見ました。

「えっ、もう!?」と思いましたが、あと10日もすればお彼岸なんですね。

さて、そんな秋を迎えようとしている頃に、夏の織物が届きました。



夏塩沢~

先日、織物体験をさせていただいた塩沢紬記念館で求めたものです。
湯通しとガード加工が終わって届けてくださいました。

水玉ぼかしという柄です。


体験したときに教えていただいた、糸を紡いで、染めて、織るという
一連の行程を思うと、この織物の一織り一織りがたいへん貴重なものだと
思えます。



「雪国の夏布ー雪中に生まれた夏の布ー
 雪中に糸となし雪中に織り
 雪水に洒ぎ雪上に晒す
 雪ありて縮あり
 魚沼郡の雪は縮の親といふべし
          織元 南雲織物」

雪国の織物を、南国で大切に着たいと思います。


土曜午後クラスがオープンしました(2015年9月) 

お昼までお仕事という方にも、着付けを習う機会をご提供できるようになりました。
午前クラスと合わせて、ご自分のスケジュールに合うクラスをお選びください。

●午後クラス 15:00~17:00


クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 21:49Comments(0)夏きもの

2015年08月08日

やっぱり涼しい!

今日は、小千谷縮(おぢやちぢみ)を着ました。

麻のきものです。




久しぶりに着たら、風通しのよさを改めて実感。

この前はダンガリー、その前は絽を着たんです。
どちらも夏の素材ですが、よく汗をかきました。

もちろん、麻でも汗はかくのですが、度合いが違うんです。

生地そのものが風を通すので、中に熱気がこもりにくいみたい。

やっぱり麻って涼しいんですね。



クローバー毎月第1,2,3土曜日 10:00~12:00
  宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 19:01Comments(0)夏きもの

2015年08月07日

涼しげに

先週、教室としてお借りしている公民館で、近所の商店街の方にお会いしました。

軽い立ち話をしたときにこう聞かれました。

「毎日暑いねー。そういえば、きものは暑くないの?」


きもの……暑いです。

何しろ全身を布で覆うのですから、いくら薄手の生地でも暑いんです。

でも、風通しはいいんですよ。

袖口と裾、女性の場合は衿も開いているので、そこから扇子などで扇いで風を送ると
きものの中を風がスーッと通っていきます。

補整も、最小限に減らすと、幾分暑さがやわらぎます。
ただ、補整のタオルが汗取りになって、きものや帯がシミになるのを防ぐこともありますので
一番汗をかく腰回りにだけは補整を入れたほうがいいですよ。


本当は暑いことを知っているから、夏きものを着て涼しい顔をして歩いている方を
見かけると、素敵な人だなと感じます。

夏きものの透け感は、見る人に涼を与えますから、
着ている本人もできるだけ涼やかにいたいものですね。

暑いからと言って、けだるそうにしていたら、きものが台無しになってしまいます。

夏のきものを着るときは、周りの人に涼を与える存在になりましょう。



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:51Comments(0)夏きもの

2015年07月24日

きもの文化

京都に行って感じたことがあります。

それは、「きもの文化が馴染んでいる」ということです。

地下鉄を下りて地上に上がったら、さっそく二組の和服姿の女性たちを見かけました。


手前の二人は生徒さんで、横断歩道の前にいる二組の方々です。

前のお二人はゆかたでした。お一人はゆかたに名古屋帯をしていらっしゃいます。

後ろのお二人は、帯こそ半幅ですが、きちんと長襦袢を着て足袋を履いていらっしゃいます。

この日は祇園祭があったので、普段よりは和服の方が多かったのかもしれません。
それでも、ゆかたではなく夏きものを着ている方に出会うとは思っていませんでした。

翌日の嵐山でも薄物を着て歩いている方と何人もすれ違いました。
こちらはお祭りと言うわけではありませんでしたけれどね。

宮崎では、お祭りの日にゆかたを着ている人には出会うけれど、
長襦袢を着て足袋を履いている人に出会うことはほとんどありません。


もちろん、中にはレンタルで着せてもらっている方もいるのでしょうが、
暑い中でもレンタルしてでも、きもので歩きたいと思わせるのが京都なのでしょう。

さすがは京都だなぁと妙に感心してしまいました。


それから、きものを着て歩いても、人々の視線を浴びることがありませんでした。

これが宮崎なら、ジロジロ見られたり、二度見されたりは当たり前。

京都では、きものを着ていることが特別なことではないのでしょうね。

きものに対する意識の違いをまざまざと見せつけられた思いでした。

宮崎の人にももっときものを着てほしいものですね。


たつみ流橘通り教室 午後クラスプレ講座 ~受講者募集中です~

・日程:2015年8月8日(土) 15:00~17:00
・場所:宮崎駅前自治公民館
・料金:2,000円
・準備するもの:ゆかた・半幅帯・腰ひも3本、コーリンベルト、伊達締め、フェイスタオル2枚
 ※持っていないものはムリしてそろえる必要はございません。
   足りないものがあるときは、貸し出しもできますのでご連絡ください。

お申込み・お問い合わせはここをクリックしてください



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子



  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 19:28Comments(0)夏きもの

2015年07月07日

絽の色無地

絽の色無地を誂えることにしました。

紋を入れて、パールトーン加工をしていただいた反物が、今日届きました。

これから仕立てをお願いするところです。



鮮やかな濃い青。

長襦袢の白が透けると、かなり涼しげな印象になるでしょうね~

帯は、白地の絽の袋帯を別で仕立てていただきました。

先ほど帯と小物をあわせてコーディネートしてみたのですが、
フォーマルって、ふだんあまり着ないから、豪華な感じがウキウキします。

今月下旬に着用予定。
楽しみです♪。


クローバー毎月第1,2,3土曜日 10:00~12:00
  宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:34Comments(0)夏きもの

2015年07月05日

麻×紗コーディネート

麻のきもの(小千谷縮)に紗の帯を締めました。


帯の柄がちょうどのところで出ていませんが、桔梗の花が織られているんですよ。
桔梗は秋の七草のひとつですが、開花時期は6月~8月なので、今がちょうどその季節です。

きものも帯も下の長襦袢や帯芯の白が透けて涼しさが感じられますね。

夏の濃い色のきものは、透け感によって涼感を演出します。
また、上のコーディネートのように、寒色系を使うのも涼しげに見えます。

帯揚げは自分で染めた絽の友禅です。
見えませんが、花火の柄なんです。

夏は暑くてきものを着るのは大変なのですが、夏ならではの組み合わせの楽しみがあります。

季節限定の柄を使ったり、透け感を楽しんだりできるのも、たった2ヶ月間ですから。
今しかできないおしゃれを堪能しましょう。

ダリアもシックに咲いています。


たつみ流橘通り教室 午後クラスプレ講座 ~受講者募集中です~

・日程:2015年7月11日(土) 15:00~17:00
・場所:宮崎駅前自治公民館
・料金:2,000円
・準備するもの:ゆかた・半幅帯・腰ひも3本、コーリンベルト、伊達締め、フェイスタオル2枚
 ※持っていないものはムリしてそろえる必要はございません。
   足りないものがあるときは、貸し出しもできますのでご連絡ください。

お申込み・お問い合わせはここをクリックしてください



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:32Comments(0)夏きもの

2015年07月01日

今日から7月!

7月です。

2015年の後半がスタートしました。

あっという間ですね。

と、言ってみたものの、実はそんなに早いとも思っていなかったりして。
今年のお正月を迎えたのが、もうずいぶん前のことのように感じるのです。

この半年の間に新しいことに挑戦したり、色々な計画を練ったりして
濃い日々を過ごしてきたからでしょうか。

ここ数年、ずっとそんな感じなんです。
時間の流れ方が変わったような、自分の中の時間感覚が変わったような……

よくは分かりませんが、充実していることは間違いなさそうです。


さて、7月に入ったということは、いよいよ本格的な薄物の季節です。


透けるきものを着ますよ。


単衣の季節の中でも7月と8月限定のきものを薄物と言います。

見た目に涼しげで、見る人を気持ちよくさせる効果があるんですよね~

着ているほうは、案外暑いのですが、工夫次第でわりと涼しく過ごせるものです。

夏きものをサラリと着こなして、きもの美人になりましょう♪



たつみ流橘通り教室 午後クラスプレ講座 ~受講者募集中です~

・日程:2015年7月11日(土) 15:00~17:00
・場所:宮崎駅前自治公民館
・料金:2,000円
・準備するもの:ゆかた・半幅帯・腰ひも3本、コーリンベルト、伊達締め、フェイスタオル2枚
 ※持っていないものはムリしてそろえる必要はございません。
   足りないものがあるときは、貸し出しもできますのでご連絡ください。

お申込み・お問い合わせはここをクリックしてください


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子







  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:59Comments(0)夏きもの

2014年09月01日

今日の着物

土曜日に書いた記事が、アップできていなかったことに、
たった今気づいて、若干ショックを受けているところです。

携帯からのアップは、いまいち慣れなくていけません。

消えたものはしかたないので、忘れましょう。

気を取り直して、今日の記事です。


今日から9月ですね。

薄物の季節も、あと10日ほどでおしまいです。

夏の名残りを惜しみながら、あともう少し薄物を楽しみましょう。

今日は、グレーの小千谷縮に、アイボリー色の絽の帯を締めました。



グリーンと黄色のグラデーションの帯揚げに、生成り色の帯締め。
この帯締めは、いろんな色が織り込まれているので、
どんなコーディネートにも使えて、重宝しています。

今日のコーディネートは、落ち着いた雰囲気になりましたが、
この帯締めが、かわいらしさをプラスしてくれました。

9月最初の着物は、薄物のコーディネートを楽しみました。  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 13:08Comments(0)夏きもの

2014年08月22日

薄物の季節もあとわずか

8月も残りわずかですね。

まだまだ日中は厳しい暑さですが、だんだんと日が短くなってきて、
吹く風にもどこか秋の気配を感じ始めました。

薄物もそろそろ終わりが近づいてきましたよ。



9月上旬までは薄物で、それ以降は単衣を着ます。

単衣と袷の境は、わりと緩くとらえている私ですが、
薄物と単衣の境はしっかり守っています。

9月も中旬ごろになると、まだまだ残暑が厳しいとはいえ、
空気が変わってきますよね。

ところどころに秋を感じる季節になっているのに
いつまでも透ける着物を着ているのは、なんだか野暮ったく感じます。

着物は、季節を先取りするのが楽しみの一つですから、
いつまでも夏を引きずるより、深まりゆく秋に思いを馳せたいのです。

夏の名残を惜しむなら、まさに今ですよ。

残り少ない薄物の季節を思いきり堪能しましょう。


クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 22:13Comments(0)夏きもの

2014年07月31日

ゆかたと花火

今週末は、宮崎市の花火大会がありますね。

ここ数日、お天気荒れていますが、土曜日はどうなるでしょうか。

奇跡的に晴れないかなと願っているところです。

2日(土)に開催できないと、翌日に順延。
それでも開催できないときは、8月8日まで順延するそうですよ。

お天気が相手ではどうにもなりませんが、
今年は、宮崎市制90周年の記念の年ですから、
何とか開催されるといいですね。


さてさて、花火大会と言えば、ゆかたを着るチャンスですね。

多くの人がゆかたを着て出かける日なので、
それに混ざって、自分で着て出かけてみましょう。

着付けに自信がなくても、ゆかたを着ている人が多ければ
周りの視線もあまり気にならないはず。

和服を着て出かけることに慣れるには、こういう時を利用するのが一番です。

夏のイベントにのっかって、ゆかたをたくさん着てくださいね♪




~着付け師をお探しの方へ~
宮崎市内なら、どこでも出張費無料でお伺いします。
出張着付けについてはコチラをご覧ください。




***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子




  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:28Comments(0)夏きもの

2014年07月17日

夏こそキリッと

夏に着物を着ている人は、ほかの季節にも着物を着ている人です。

着物って暑いから、いつもは着ない人が、夏に着物を着ようとは思いませんね。

反対に、「夏だからこそ着るのよ。目立つから。」という方もいます。

たしかに、冬より夏の方が着物姿は目立ちます。
肌を覆う部分が多いからでしょうか。

ただでさえ暑くて、ダラッとしがちな夏。
そんなときにわざわざ着物を着るのなら、キリッと着たいものです。

キリッとしていれば、かえって涼しげに見えたりします。
暑い時こそ、着物で気を引き締めるのもイイですね。





クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:59Comments(0)夏きもの

2014年07月11日

麻づくし

夏に着物を楽しむには、いかに涼しく過ごすかが、テーマになります。

着物には、正絹や木綿などの素材がいろいろありますが
涼しさで言えば、やっぱり麻が一番でしょう。

私は、着物も長じゅばんも、肌着だって、麻を着ることがほとんどです。

そして、なんと足袋まで麻素材です。


写真では素材感が分かりにくいですね。

麻は、纏った時にひんやりするのが気持ちいいだけでなく、
汗をかいてもすぐに乾いて、サラサラを保ってくれます。
通気性抜群なので、中に空気がこもらずムレにくいんですね。

汗をかきやすい足にぴったりの素材でしょう。

初めて麻の足袋を履いたときは、少しゴワゴワするし
肌に沿う感じがなくて勝手悪く感じたものですが、
しばらく履いているうちに、その涼しさを実感して感動しました。

足袋の中で空気が動くのが分かるんです。
この感覚、ぜひ履いてみて体感してみください。
気持ちいいから。

夏は、麻づくしがおススメです。


クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:51Comments(0)夏きもの

2014年07月01日

薄物の季節です

今日から7月。薄物の季節です。

薄物というのは、真夏に着る透ける着物のことです。

今日は、私自身の着付けの稽古だったので
小千谷縮(おぢやちぢみ)を着ました。

今日の写真ではありませんが、こちらが小千谷縮です。


麻100%で、とっても涼しいんです。

この着物に夏の帯をあわせて、コーディネートの勉強をしました。


こういう話をすると、薄物は持っていないのですけど、買ったほうがいいですか?
と聞かれることがありますが、お稽古の場では、持っている着物で練習するといいですよ。

わざわざお稽古のために購入する必要はありません。

ですから、まだ袷の着物しか持っていないのなら、多少暑いかもしれませんが
袷の着物でお稽古しても良いのです。

ちゃんとクーラーはつけるので、ご安心を。


もちろん、薄物を持っているのなら、夏の間はそれでお稽古した方が良いですよ。

実際に着て出かけるイメージをしながら、コーディネートのお勉強をしましょう。

たつみ流着付け教室では、着物の購入を勧める行為や販売は一切行っておりません。
お手持ちの着物を最大限に生かしたお稽古を心がけております。

いつ着るのか、どんなコーディネートできるのか、分からない着物があったら
ぜひ教室に持って来てくださいね。


クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:28Comments(0)夏きもの

2014年06月27日

透ける着物の時期です

宮崎は、いかにも梅雨らしいお天気が続いていますね。

梅雨明けにはまだしばらく時間がかかりそうです。

とはいえ、来週はもう7月。いよいよ夏がやってきますよ♪

着物も、7月になると透ける着物になり、帯も小物もすべて夏物になります。

もう月末なので、少し先取りして今から夏物にしても良いのですが
こんなお天気で、気温もそんなに高くないので、今週末はまだ透けない単衣で良さそうです。

ただ、同じようなお天気でも、7月に入ったら夏物にしたほうが良いですよ。
きっちり朔日で切り替わるというのも何だかおもしろいですね。

夏物(透ける着物)とはこういう着物です。


コチラの方が、透け感は分かりやすいですね。


これは小千谷縮という麻の着物です。

軽くて風通しが良くて、気持ちいいんですよ~

いよいよ、この着物が着られる時期がやってくるのですね。
これ、自分で手縫いして仕立てた着物なので、愛着もひとしおなんです。

しかも、出番は一年の間で二ヶ月だけですから。
なんだか特別な着物です。


さぁ、来週はいよいよ7月。
夏支度はいいですか~?


クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子



  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:51Comments(0)夏きもの

2014年05月31日

綿麻で涼しげに

今日は、綿麻のきものを着ました。




麻が入っているので、風通しが良く、涼しく着られます。

自分が涼しいだけでなく、見た目にもそう見えるらしく、
「涼しげですね」と、何人かの方に声をかけていただきました。

夏のきものの、ココが好きなんです。

見る人に清涼感を与えられるところが。

たとえ、着ている本人は暑くても、涼しげに見えることで、
相手をイイ気分にさせてあげられるなら、それだけで着る甲斐があります。

きものを着るときは、自分がどう見られているかまで意識すると、
より美しい着付けができますよ。
  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:51Comments(0)夏きもの

2014年05月30日

夏物の帯

6月に入ると、夏帯を用いることがありますが、
どんなものが夏帯か分かりますか?

通気性が良く、透け感と張りがあるのが特徴です。

絽綴(ろつづれ)、紗(しゃ)、羅(ら)、麻などの種類があります。

夏帯は、全般的に締まりが悪く、慣れるまでは締めるのが難しいかもしれません。
張りがあって、ざっくりしているので、しっかり締めたつもりでも、
すぐに緩んできてしまうのです。

それでも、夏帯はやっぱり涼しいし、軽いので、締めていて気持ちいい帯です。

絽綴

6月の単衣の着物にも合わせられます。



盛夏(7月、8月)の薄物に合わせます。


夏場は夏場のきものの楽しみがあります。

ぜひ、透け感と涼感を味わってください。



クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:52Comments(0)夏きもの