2017年07月05日

浴衣と着物の違い

たつみ流の岩崎千恵子です。

浴衣と着物の違いって何だか分かりますか?


答えは、衿があるかないか。

半衿のついた長じゅばんを着るのが着物。
何も着ないのが浴衣です。

衿があるのが着物なら、浴衣を着物風に着ることもできるのでは?

その通り。
衿付きで着て、帯揚げ帯締めもプラスすれば立派な単衣の着物です。


反対に、木綿、綿麻、薄手のデニムなどの透けない着物は、浴衣として着ることもできます。

1枚で2通りの着方ができるなんて、お得な気分ですね。


デニムきものを着物と浴衣でコーディネートしてみました。

着物。



浴衣。



見比べてみると、違いは一目瞭然ですね。

きちんと感を出したいなら、着物で。
気軽に着たいなら、浴衣で。

夏ならではの着分けを楽しみましょう。


たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子
  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 22:07Comments(0)着物あれこれ

2017年06月01日

単衣の季節

たつみ流の岩崎千恵子です。

6月に入りました。
今月から単衣(ひとえ)の季節です。
単衣は裏地がついていない着物、袷(あわせ)は裏地がついている着物のことです。
6月から9月は単衣、10月から5月までは袷を着ます。

このように、日本には暦に合わせて着るものを変える風習があります。

では、その通りに着なくてはならないのでしょうか。

そんなことはなくて、ふだん着なら、暑い時は単衣、寒い時は袷、
というように自由に着ていいと思います。

“着物は着る物”ですからね。

暑ければ半袖を、寒ければ長袖を着るのと同じように
暑ければ単衣を、寒ければ袷を着ましょう。

そうそう、デニムきものには裏地は付いていませんから
一年中単衣です。
木綿のきものと同じですね。

生地の厚みが様々なので、単衣の季節は薄手のデニムを選ぶといいですよ。


気候に応じて、着る物を決める。
それが本来の姿です。



たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子
  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:54Comments(0)着物あれこれ

2017年05月06日

夜中の半襟付け

たつみ流の岩崎千恵子です。

本麻の長襦袢に半襟を付けていなかったことを思い出し、
夜中に黙々と裁縫をしています。




長襦袢の下にアイロン台の柄が透けて見えますね。

本麻は真夏に着る素材ですが、宮崎ではすでに必需品です。
明日はこれを着るつもりなのです。

ゴールデンウィーク真っ只中ですが、
橘通り教室は明日もいつも通りにお稽古です。

お茶と季節のお菓子も準備できていますよ。

4月は5週まであったので、何だか久しぶりですね。

明日、元気にお会いしましょう。


たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 00:12Comments(0)着物あれこれ

2017年02月13日

首を温めましょう

たつみ流の岩崎千恵子です。

毎日寒いですね〜。

こんな寒い時期に着物で外出するなら
首を温めましょう。

こんな具合に。


着物は洋服を着ているより暖かく過ごせます。
補正のタオルと帯が、腹巻きの役目を果たしてくれるからです。

ただ、通気性もいいんですよね、着物って。

首や袖口などは、そのままではスースーします。

だから、そこから冷気が入ってこないようにさえすれば
寒い日でも平気です。

マフラーをグルグル巻きにして、手袋をして歩くと、
体がポカポカしてきますよ。

南国宮崎では、冬こそ快適に着物を着られる季節です。
羽織りやコート、マフラーなどのアウターのコーディネートも合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。






たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子
  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 21:53Comments(0)着物あれこれ

2016年10月04日

世界に一つ

たつみ流の岩崎千恵子です。

夏が終わるのを待っていたんです。

この帯を早く使いたくて。


自分でデザインして自分で染めた、友禅染めの帯です。

前から見ると、マカロン。

後ろ姿には、紅茶のポットとカップ。



世界に一つだけのオリジナルの帯です。

毎年2月のお楽しみ講座は友禅染めの体験ができるんです。

毎年帯揚げを染めてきて、今年は初めて帯に挑戦しました。

柄の染め付けが終わった直後。


地色を染めたらこうなりました。


お気に入りを身に付けるのはうれしいですよね。
それが、自分だけのオリジナルで、しかも自分で染めたとなると
うれしいし楽しいし、ワクワクするし、とにかくいい気分です。

ずっと大切にしたい、特別な一本です。

真夏以外の3シーズン使えるので、いろんなコーディネートを
楽しみたいと思います。



たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子
  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:55Comments(2)着物あれこれ

2016年09月07日

一目惚れ

たつみ流の岩崎千恵子です。

一目惚れしてしまいました。

この帯に。


先日訪ねた塩沢紬記念館で、見せていただいてすぐに目が釘付けに。

鮮やかな色はもちろんのこと、軽くて張りのある手触りも気に入りました。

その素材は、なんと「葛」。

葛布(くずふ)と言うそうです。

葛の蔓からとった繊維を糸にして織られています。

所々に節があって素朴なのに、光沢もあり独特の風合いです。

これを自分で名古屋帯に仕立てます。

まずはこのきれいな色の糸を調達してこなければ。

あー、はやく締めたい♪


たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:21Comments(0)着物あれこれ

2016年01月22日

切っても切れない関係

着付け講師の岩崎ちえこです。

きものを着るうえで、どうしても切り離せないのが
お針仕事。

半衿付けは、その最たるものですね。

半衿を付けなければ着物は着られませんから、
「裁縫は苦手」なんて言ってられません。

どんなに得意じゃなくても、着物が着たいなら
やらなきゃいけないことなんです。

それは、半衿だけにとどまりません。

例えば、糸のほつれ。

これは、長襦袢の裾です。

糸がほつれて、縫い目が裂けてしまいました。

生地と糸では、糸の方が先に弱ってくるので、
負荷がかかりやすい箇所は、このように糸が切れてしまうんですね。

こういう部分的な修復くらいなら、自分でしましょう。

はい、できました。


お裁縫は得意な方ではないけれど、必要に迫られてやっているうちに
ずいぶん上達しましたよ。

よく見れば縫い目はガタガタですが、誰かに見せるわけでもない
自分の着物なので、あまり気にしません。

見える部分なら、それなりに気を付けはしますけれどね。

きものとお針仕事は、切っても切れない関係なので、
きものを着たい一心で、お裁縫やってます。

縫い終わると、達成感に浸れるんです(笑)



たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子



  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:59Comments(0)着物あれこれ

2016年01月17日

お茶会の着物

茶道教室のお茶会に参加してきました。

初釜(はつがま)と言って、新年最初のお茶会です。

もちろん、服装は着物。

普段は紬(つむぎ)をよく着ている私も、お茶会の時ばかりは
正絹(しょうけん)の着物を着ます。
コーディネートも、普段より抑え目に、華美にならないように気を付けます。



今日も、清楚にまとめてみました。
藤色がベースの小紋にピンク系の帯と小物を合わせて
柔らかく品のある装いを心がけました。

お茶の席では、「やわらかもの」または「たれもの」と言われる
正絹の着物を着ることとされています。

たまに、こうして「たれもの」を着ると、体にしっとり馴染んでくる
のが、とても心地よく感じます。

お茶のときは、普段と違う雰囲気の着物を楽しめるので
これも楽しみの一つなのです。



たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:58Comments(0)着物あれこれ

2015年12月04日

首を暖かく

寒くなりましたね。

今日は風も強くて、フェニックスの葉が真横になびいていましたよ。
思わず二度見してしまいました。

寒い時期にきものを着て出かけるなら、首を暖かくするとイイですよ。

女性のきものは、衣紋を抜いて着るので、首が丸出しになります。
首が冷たいだけでなく、通気性抜群のきものの場合、そこから冷たい空気が入ってくると
全身を冷気が回って冷えてしまいますので首元で食い止めましょう。

成人式で良く見かける、あの白いモコモコのファーマフラーもそのためです。
オシャレのためだけじゃないんですよ。

わたしは、このようにマフラーをぐるぐる巻きにします。


これだけでずいぶん違いますよ。

さらに言うなら、手首も温めましょう。

きものの袖口は大きく開いていますから、首元と同じく冷気が入ってきやすいのです。
長めの手袋をすると盤石ですね。

忘年会シーズンにきものでお出かけすることがある方は、
首を温めて寒さを忘れて楽しんでくださいね。



たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:21Comments(0)着物あれこれ

2015年11月30日

雨コートが活躍!

週末のきもの旅行中、ほとんどずっと雨が降っていました。

宮崎にいると、どこに行くにも車を使うので、
きものを着ていて雨が降っていても、まぁそんなに困りません。

でも、旅先ではそうはいきませんね。
移動は電車やバスと、徒歩。

宮崎にいたら、雨の日にわざわざ歩くことなんて、
まずしないけれど、旅先では歩かざるを得ません。

絹は、雨に濡れるとシミになってしまうので、
歩くときは気をつけたいところ。

そこで活躍したのが、雨コートです。


宮崎ではほとんど出番がないので、ちょっと新鮮な気分。

ずっと雨が降っていた旅行でしたが、雨コートのおかげで
きもののことを心配することなく過ごせました。


たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 22:45Comments(0)着物あれこれ

2015年11月26日

思惑が……

急に寒くなりましたね。

もしかしたら、この時期の例年並みの気温なのかもしれないけれど
今までが暖かかった分、余計に寒く感じるのかもしれませんね。


今週末は、この紅葉柄の羽織を着ようかと思っていたのです。
ギリギリ11月だし、そんなに寒くないし、まだ秋の気分でもいいかなぁって。
だけど、今日は五ヶ瀬でも雪が降ったと聞くと、もう季節遅れかしらと、
悩んでいるところです。

うーん。どうしましょ……


たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:59Comments(0)着物あれこれ

2015年09月24日

もう少し単衣で

少し蒸し暑い夜です。

今年は涼しくなるのが早くて、
あっという間に夏が終わってしまったという印象ですが、
今日は、少し暑さが戻った感じでした。

季節の変わり目は、いつも着るものに悩みますね。
去年の今ごろは何を着ていたっけと考えるのがお決まりです。

単衣の季節は、9月いっぱいと決まっていますが、
このような不安定な気候が、まだしばらくは続くことでしょうから
もう少し単衣で様子を伺いたいところですね。

10月からは、袷の季節ではありますが、
実際にはその日の天気や気温によって単衣を着ても悪くはありません。

今日のような蒸し暑い日に袷を着るのは辛いですからね。

10月になったら、少しずつ袷の準備もしながら、
単衣も出しておくと、無理せず着物を楽しむことができますよ。


たつみ流着付け橘通り教室

クローバー毎月第1,2,3土曜日
 ●午前クラス 10:00~12:00
 ●午後クラス 15:00~17:00
 宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:59Comments(0)着物あれこれ

2015年09月01日

単衣の季節です

今日から9月ですね。

薄物の季節はあっという間に過ぎてしまいました。
薄物とは、7月と8月に着る透け感のある着物のことです。

9月は透けない単衣の季節。



ちなみに、単衣(ひとえ)とは裏地のついていない着物のことです。

宮崎では、着用期間が一番長いきものと言ってもいいでしょう。

本当は、10月から5月までは袷(あわせ)という裏地のついた着物を着て
6月から9月は単衣を着るものです。
そして、単衣の時期でも、特に7月と8月は透ける薄物を着ることになっています。

本来なら、袷の季節が一番長いのです。

しかしながら、宮崎でその通りに着物を着ていたら、暑くてたまりません。

わたしは、11月か、下手したら12月上旬まで単衣を着ていることがあります。
春も3月には単衣が着たくなります。

ふだん着ならば、気候に合わせて、暑ければ単衣、寒ければ袷と選んでもイイと思います。
だって、衣服なのですから。

ただ、ひとつ気をつけたいのは、見た目の印象です。

同じ単衣でも色によっては涼しそうに見えたり暖かそうに見えたりします。

10月にまだ単衣を着るとしたら、暖色系のきものを選んで、秋らしいコーディネートをしたほうが
見る人に季節を感じてもらいやすい。

その辺りのさじ加減がきものを着る楽しみの一つでもあります。

9月から10月にかけて、少しずつ秋らしさを取り入れたコーディネートにしていくと
季節の移り変わりを感じられるかもしれません。

残暑を風情に替えて、きものコーディネートを楽しめるといいですね。


土曜午後クラスがオープンします(2015年9月) 

お昼までお仕事という方にも、着付けを習う機会をご提供できるようになりました。
午前クラスと合わせて、ご自分のスケジュールに合うクラスをお選びください。

●午後クラス 15:00~17:00


クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら



***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:57Comments(0)着物あれこれ

2014年12月29日

着物で暖かく過ごす方法

お正月は、きものを着て外出する方もいらっしゃるでしょう。

初詣でなどは、外で長時間並ぶこともありますから、暖かくして出かけたいですね。

きものを着て外出するときは、羽織や着物用コートを着たり、
ショールを肩にかけたりするといいでしょう。
きものは基本的には暖かいので、宮崎ならそんなに着こまなくても大丈夫です。

ただし、寒さ対策をしたほうがいい部分もあります。

それが、「首元」「手首」「足首」の3つの首です。

女性の場合は特に、衣紋を抜くので首がそのまま外気にさらされます。
袖口も大きく開いているのが着物の特長ですね。
足元は、裾が長いのですが、筒状になっているため、案外下から冷気が入ってきます。

暖かいけど風通しが良いのがきものですから、蒸れなくていいんです。
でも、スースーすると寒いんです。
ですから、この風の通り道を塞げば快適なのです。


対策としては、首元と手首は簡単ですね。
外出するときに、マフラーと長めの手袋をつければOKです。

足首だけは、きものを着る前に対策が必要です。

たとえば、次の3つの方法を試してみてください。

・裾よけの代わりにステテコやスパッツを履く
・足袋の下にひざ下ストッキングを履く
・レッグウォーマーを履く

どれか一つでもいいし、組み合わせればもっと暖かく過ごせるかもしれません。

きものを着るときは、裾よけを腰に巻き付けますが、これは着物と同じ原理なので
下から冷気が入ってきます。
ステテコやスパッツなら、両足を一本ずつ包んでくれるので、冷気が侵入するのを防ぐうえに、
裾さばきも良くなるので歩きやすいですよ。

ひざ下ストッキングは、着物用の物もありますが、わざわざ買わなくても
普通にお店に売っているもので大丈夫です。
ただ、上から足袋を履くので、できれば5本指のストッキングが良いですが
5本指でなくても親指と人差し指の間を押し込んで履くこともできます。
ちょっと無理やりですが……(笑)

レッグウォーマーを使う方法は、私も実践しています。
個人的には、ストッキングよりこちらが好みです。
あまりモコモコしてない短めのレッグウォーマーをふくらはぎの下の方から
くるぶし辺りに当たるように履きます。
それから足袋を履いて、くるぶしのところでレッグウォーマーに被せませす。
こうすると、冷えやすい足首を温めることができます。
ただ、歩くと見える可能性がありますので、目立たない色を選ぶことをおススメします。


お正月にきものを着るなら、寒さ対策をバッチリしてお出かけくださいね。


きものにブーツを履いてみたこともあります
→体験談はコチラ


クローバー毎月第1,2,3土曜日 10:00~12:00
  宮崎駅前自治公民館でお稽古中!

クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子

  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 16:07Comments(0)着物あれこれ

2014年11月28日

身軽に一泊旅行

一泊の旅行なら、なるべく荷物を少なくして身軽に行きたいですよね。

寒くなってくると、洋服の替えもかさばりますし、どうしても荷物が増えてしまいます。

そんな時、着物ならかなり身軽に行けますよ。

帯揚げと帯締めの替えだけ持って行けばいいからです。

11月の着回しコーディネートでお見せしたように
着物と帯、半衿はそのままでも、小物を取り替えるだけで
イメージを変えることができます。

日ごろから着物や帯と小物の取り合わせを意識していると
いざ着物で旅行しようと思った時に、さっとコーディネートを決めることができます。

出かける前にすべて決めてしまうのではなく
旅行先での朝の気分で取り合わせを決めたいなと思うのなら
いくつか候補を用意しておけば、当日選ぶこともできます。



この程度の荷物なら、場所を取らないし、重たくもありませんから。

一つの着物で数パターンのコーディネートを持っておくと
一泊旅行もずいぶんと身軽になります。


クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子



  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:57Comments(0)着物あれこれ

2014年10月19日

羽織って便利!

今日は、きものでお出かけしています。

グレーの無地紬に、もみじ柄の羽織を着ています。



羽織のありがたみを、今日は痛感したんです。

今朝は、支度に少し手間取り、着付けが出かける直前になってしまったんです。

ちょっと慌てて着たものだから、帯の仕上がりがいまいち……。

でもやり直している時間はない。

今日は、羽織を着るつもりで準備していたので助かりました。

お太鼓の形がキマッていないことは、羽織を着ていれば分かりませんから(笑)


って、着付けの先生がこんなことしていたらイケマセンね。

今日の教訓。
きものを着るときは、時間に余裕を持って支度しましょう。  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 17:34Comments(0)着物あれこれ

2014年10月15日

名古屋帯の仕立て

今年、名古屋帯の仕立てに初挑戦しました。

仕立てと言うと難しそうに聞こえますが、実際には両脇をかがっただけ。

帯芯を入れる必要のない帯だったので、簡単に仕上げることができました。

今まで何気なく使っていた名古屋帯ですが、仕立てるにあたり少しだけ勉強してみたら
まだまだ知らないことがたくさんありました。

帯の構造がどうなっているかも、実は分かっていなかったんだなぁと実感。

知らなかったことを知るって、ワクワクします。
何事も挑戦してみるものですね。


何を知ったかというと、手先の仕立て方の違いです。

これまで、なんとなく、手先が長いのと短いのがあるなぁとは感じていましたが
その違いについてあまり深く考えたことはありませんでした。




上は「名古屋仕立て」、下は「松葉仕立て」といいます。

名古屋仕立ては、胴に巻く部分がすべて半分に折られているのに対して
松葉仕立ては、手先の一番先の部分だけが折られていtます。

名古屋仕立ての場合、帯幅を広げることはできませんが
その分、着付けが楽です。

松葉仕立てだと、胴に巻く部分の幅を自由自在に変えることができます。
着付けは少し難しくなりますが、身長が高い方やふくよかな方でも
バランスよく着物を着ることができます。


それぞれに利点がありますから、自分に合った仕立て方を選ぶといいですね。


クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:58Comments(0)着物あれこれ

2014年09月14日

非日常体験

昨日、お稽古が終わったその足で、東京に行ってきました。

生徒さんたちに驚かれましたよ。
「えっ、このまま行くんですか!?」
「きもので!?」

はい。行ってきました。
そして先ほど帰宅しました。

きもので飛行機に乗ることは、私にとってはさほど非日常体験では
なくなってきているのですが、一般的には日常の出来事ではないでしょう。

そもそも、きものを着ることが「非日常」だという方の方が多いでしょうね。

もし、あなたがすでに着付けができるのなら、
そのまま非日常にしておくのはもったいない。

日常とまではいかなくても、もう少しだけきものを着る時間を
設けてみてほしいと思います。

そうはいっても、きれいに着付けができないせいで
きものから遠ざかっていている方もいらっしゃるでしょう。

着付けの腕をあげて、きもちよくきものを着てみませんか?

きものを着ることが相変わらず「非日常」だとしても
キレイにきもちよく自分で着付けができれば、その非日常体験が
より濃いものになりますよ。


【着付けのお悩み解消レッスン】
日時:2014年9月20日(土)14:00~15:30(13:45開場)
会場:宮崎駅前自治公民館(阿弥陀堂のノボリが目印です)
対象:現在きものを着る機会があり、自分で着付けをしている方
    (たつみ流以外の教室で学んだことがある方、大歓迎です)
    いつも通りに着物を着てご参加ください。
料金:2,500円(税込) ※入会金不要
    当日受付にて現金でお支払いください。

お申し込み受け付けは先着順です。
定員になり次第終了します。

着物販売・教室勧誘は一切行いません。

こちらのメールフォームからお申し込みください。
ここをクリックすると、メールフォームが開きます。

メッセージ欄に「着付けのお悩み解消レッスン希望」と書いてお送りください。
よかったら、今抱えているお悩みについても教えてください。
折り返しこちらからメールが届きましたら、お申込み完了です。

それでは、レッスンでお会いしましょう。


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:20Comments(0)着物あれこれ

2014年02月28日

正解がないからこそ楽しい

ふだん着の着物のコーディネートに、絶対の正解はありません。

フォーマルの着物の取り合わせは、しっかりとした決まりごとがあります。

既婚女性の第一礼装である留袖は、
長襦袢・半衿・帯揚げ・足袋は「白」と決まっています。

留袖や振袖、準礼装となる訪問着などには、必ず袋帯を合わせます。

準礼装なら、着る場面に応じて帯の格を揃える必要があります。

こういう話を聞くと、「きものってムズカシイ」と思いますよね。

だけど、フォーマルな場面で着る着物は、呉服屋さんで一式揃えてもらったものを
その通りに着れていれば、大丈夫です。間違いありません。

明日、結婚式に着物を着る、というときにコーディネートで頭を悩ませる必要はないのです。


その点、ふだん着はコーディネートが重要です。

ふだん着のきものには、合わせる小物の色に決まりはありませんし
名古屋帯でも半幅帯でも好きな帯を締めればいい。

「こう着なきゃいけません」というルールはないのです。

自由度が高いからこそ、着る人のセンスが問われるとも言えます。

着物のことを知れば知るほど、ふだん着の方がかえって難しく感じるかもしれません。

そこが、着物の面白いところだと思うんです。

一式揃えてもらったものを、そのまま着るのは面白くない。
そんな風に思えるようになったら、あなたも立派な着物通です。

絶対の正解がないからこそ、ふだん着物のコーディネートは奥深いのです。




クローバーお問い合わせ、レッスンのお申し込みはこちら

クローバーレッスン料金はこちら

クローバーカリキュラムはこちら


***
たつみ流着付け橘通り教室
岩崎千恵子


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:24Comments(0)着物あれこれ

2014年02月09日

着物宴会@みやざき

着物好きが集まるイベント『着物宴会@みやざき』に
たつみ流のみんなで参加してきました。



着物はもちろん半天・ハッピ・地下足袋・下駄・作務衣・甚平など
和装なら何でもOKのイベントです。

ほとんどの方が着物で参加されていましたね。

私は、デニムきものの兼用タイプで参加しました。
道中はポンチョを羽織って。


こういうイベントのときに、デニムきものの兼用タイプはとっても楽です。

出かける直前に、洋服の上から羽織るだけですからね~


バルーンアートやマジックショー、三線ライブなどもあって、
きもので楽しいひとときを過ごしてきました。


着物のイベントというと、主催者側で携わることが多いので
今日は、純粋に参加者として楽しめました♪

こうして参加することで、次回主催するイベントのヒントがもらえたりもするんですよね。

アンテナを張っておくのって大事ですね~


  
  • LINEで送る


Posted by たつみ流着付け橘通り教室  at 23:59Comments(0)着物あれこれ